クリニックのご案内

設備紹介

CT

某国内メーカーの16列マルチスライスCTで高速の低被ばく撮影が可能です。撮影時間は1分程度です。患者さんの体型に合わせて撮影X線量を変えられます。最小スライス厚0.625mmの高精細な画像が得られます。開口部は75cmと大きいので圧迫感が少なく安心して検査を受けて頂けます。

th_DSC02477.jpg

 

MRI

MRI

某国内メーカーの高性能モデルで高い磁場強度(1.5テスラ)により高画質、短時間での撮影が可能です。最新技術によりさまざまな部位や疾患の検査において幅広い診断情報を提供できます。X線は使用しないので被爆の心配はありません。


超音波診断装置

超音波診断装置

主に頚動脈の動脈硬化を検査します。流速や内径から狭窄率がわかり輝度から血栓の性状がかわります。脳梗塞予防のために重要な検査です。


X線撮影装置

X線撮影装置

頭部、胸部、腹部、四肢のレントゲン写真を撮影します。


デジタル脳波装置

デジタル脳波装置

主に意識消失やけいれん発作があった方に対して行い頭部MRIで描出されないような脳の電気的活動の異常を検出します。デジタルですので検査時間が短く検査結果は電子カルテの画面上で見ていただけます。


血管年齢検査

血管年齢検査

手足の血圧を同時に測り、動脈の硬さや足の血管のつまり具合を調べます。血管の硬さから血管年齢がわかります。


ウォーターベッド


waterベッド

指圧のような力強い水圧刺激で、全身を効果的にマッサージします。身長や体調に合わせてマッサージ範囲や強度を調節できます。頭痛やしびれの多くは頸や肩のこりから起こっていますので治療効果があります。