さかき脳外科通信

医師を志して


小学校の低学年の頃、いつのまにか医師になりたいと思うようになりました。
田舎でしたので直接目にする職業は農業、教員、医師くらいでした。医師になる大変さなどは全く知らずに「人のためになる立派な仕事だから」と単純に志したのだと思います。何も考えずに5年生まではとにかくよく遊びました。
小学校の先生の勧めでラサール受験をするために6年生の春から都城の学習塾に通うようになりました。周りの生徒が自分よりはるかに優秀なのはわかりましたので「こりゃ難しいな」と思いました。今考えると6年生の春は遅すぎます。
案の定ラサール中学受験は失敗しました。「案の定」だったのですがやはり悔しかったのを覚えています。
昭和50年に小学校を卒業して城西中学校に入学しました。
城西中学校は当時全国有数のマンモス校でした。各学年に22-23クラスありました。
全校生徒200人の小学校から1学年1,000人以上の学校に来たのですから最初は戸惑いましたが何か楽しいことが始まるような予感を感じたのを覚えています。

UNICO110524.jpg


ぱっとみると屋外の白樺のようですがアミュプラザ鹿児島の「UNICO」です。とても雰囲気のいいインテリアショップでカフェスペースもあります。コーヒーをいただきましたが器もとてもかわいかったです。今回さかき脳神経外科内の「豆の木」にもこのように白樺をあしらいたいと思っています。白樺の国内分布は静岡が南限だそうです。鹿児島で見るととても新鮮な印象を受けます。